建設大手大東建託(東京)が3年間の大規模調査で全国の50万人以上から「幸福だと思うかどうか」を10段階で聞いた。すると、幸福度が最も高かったのは埼玉県鳩山町民たちという結果に。高齢化が進み、鉄道の駅がなく「陸の孤島」とも呼ばれる鳩山町がなぜトップ=「最も幸せな街」に選ばれたのか。背景には健康寿命を延ばすための10年以上に及ぶ取り組みがあった。(共同通信=須田浄)

 ▽「街の幸福度ランキング」とは

 調査は2019~21年に実施し、全国47都道府県1883市区町村に住む20歳以上の男女約52万人が回答した。「非常に幸福だと思う」から「非常に不幸だと思う」まで10段階で評価してもらい、50人以上から回答があった1237市区町村を対象に、平均点でランキングを作成した。

 調査票はインターネット経由で配布、回収した。各自治体の人口0・3~0・6%から回答を得ており、自治体の規模や回答数で結果に偏りが出ないよう、統計処理がされている。

 ▽鳩山町はどんな街?

 鳩山町は東京都から車で約1時間の県中部に位置する。自然豊かなベッドタウンとして発展し、人口は約1万3千人だ。町内には...