ガイド(右)の解説を受けながら雪舟の墓を見学する参加者=益田市乙吉町
ガイド(右)の解説を受けながら雪舟の墓を見学する参加者=益田市乙吉町

 【益田】室町時代の画聖・雪舟のゆかりの地を巡るウオーキングイベントが14日、益田市乙吉町の雪舟の郷記念館周辺であった。約1キロのコースを歩きながら参加者8人が益田との深いつながりを学んだ。
 記念館周辺にある雪舟の足跡をたどってもらおうと、記念館が2011年から毎年開いている。
 参加者は、雪舟が晩年を過ごした東光寺の跡地に建つ大喜庵と近くの墓のほか、茶の水に使ったとされる清流を蓄える「雪舟硯(けん)水霊巌(がん)泉」などを見学。雪舟が好んだ益田の景色を味わいながら歩いた。
 今春益田に移住した、同市常盤町の中田有紀子さん(37)は「雪舟を知ることで、より益田の歴史が分かると思う」と話した。
     (藤本ちあき)