国語教員はここ数年、一つの問いに頭を悩ませてきた。

 「果たして『文学』と『論理』は分けられるのか」

 きっかけは、文部科学省が2018年に告示した高校の新学習指導要領。これまで一つの科目で扱ってきた評論と文学を、別々の科目「論理国語」「文学国語」などで教えることになった。

 ただ、大学入試には評論が頻出するため「論理国語」だけを履修する生徒ばかりになり、「こころ」(夏目漱石)や「山月記」(中島敦)といった定番小説を教えられなくなるとの危機感も広がった。2021年度検定を終えた「論理国語」と「文学国語」の教科書から、国語教育のこれからを考えた。(共同通信=酒井沙知子、川嶋大介)

 ▽読解力低下は「心情読解」中心の授業のせい?

 世界の15歳を対象にした経済協力開発機構(OECD)の「PISA」という国際学力調査がある。主に知識の活用力を測るもので、日本は高1が受ける。15年に実施された調査で読解力の平均点が低下し、18年調査はさらに下がった。原因としてやり玉に挙がったのが、文章を丁寧に読み解き、登場人物の心情をくみ取っていくという、多くの人が慣れ親しんできた国語の授業だった。

 「教材の読み取りが指導の中心になることが多い」。...