海底の砂地に直径約2メートルの幾何学模様の産卵床を作る「アマミホシゾラフグ」が、鹿児島県の奄美大島沖で繁殖の季節を迎えている。雄がひれを使って砂を掘った産卵床に雌を誘い込み、頬を甘がみして寄り...