下水に含まれる新型コロナウイルスの量を調べ、拡大を予測する取り組みが本格化している。北海道大などのチームが、検出感度を従来の100倍に引き上げる手法を開発。変異株をいち早く検出することにも成功...