「ワン・セカンド 永遠の24フレーム」は1969年の中国を舞台に、娘が出る映画を見ようとする男と、フィルムを盗みにかかる少女を軸に、映画に夢中になる人々を描く。インターネット配信などで観賞スタイルが変化した今、大勢で作品を共有する映画館特有の熱気を追体験できる。

 文化大革命の時代で、毛沢東を支持する「造反派」に歯向かった男(チャン・イー)は強制労働所に送られ、娘と疎遠になった。その娘が映画館で本編の前に流れる「ニュース映画」に登場すると知り、労働所から脱走。上映される映画館のある村にたどり着く。

 男の前に現れた少女(リウ・ハオツン)は、...