優れた鉄道旅行商品を選ぶ「鉄旅(てつたび)オブザイヤー」の第11回となる2021年度の授賞式が4月20日に鉄道博物館(さいたま市)で開かれ、日本一の「グランプリ」にJTBが主催して貸し切り列車で北海道を一周したツアーが選ばれた。JAL(日本航空)、JR北海道を含めて社名・ブランド名の頭文字に「J」が付く大手3社がコラボし、21年10月に3回催行した。授賞式当日の決選投票でこのツアーに一票投じた審査員の1人として高評価の理由を明かしたい。(共同通信=大塚圭一郎)

 【鉄旅オブザイヤー】国内の鉄道旅行に贈られる賞の代表格。旅行会社がその年度の10月までに催行または開催を決めた国内の鉄道旅行を対象として応募を募り、日本一となるグランプリなどの賞を選ぶ。2011年度に始まって毎年実施しており、授賞式を鉄道博物館で開催している。

 旅行業界でつくる鉄旅オブザイヤー実行委員会が主催し、後援にはJR北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州のJR旅客6社全てと、私鉄でつくる日本民営鉄道協会、日本旅行業協会といった鉄道・旅行業界の主要企業・団体がそろう。

 旅行会社のツアーを対象にした旅行会社部門は...