日々の営みが取捨選択され、やがて「歴史」として定着していく。その歴史は、10年、20年という節目の折には検証され、いわば評価が定まっていくように思う。私たちはそれぞれの「時代」に生きると同時に...