第2クオーター、島根のペリン・ビュフォード(右)がシュートを放つ
第2クオーター、島根のペリン・ビュフォード(右)がシュートを放つ

◇Bリーグチャンピオンシップ準決勝・第2戦(22日・沖縄アリーナ)
琉 球 72 17ー18 70 島 根
       19ー20
       17ー20
       19ー12
【撮れたて写真特集】スサマジvs琉球 互いに一歩も引かない大接戦 死闘の様子を迫力の写真で


 島根は第1クオーター、安藤の3点シュートでリズムに乗り、ビュフォード、金丸らの得点で1点リード。第2クオーターは、琉球が外からのシュートで得点する中、トラビス、ケイらの得点で対抗し、2点リードして前半を終えた。

 第3クオーターは厳しい守備で対応しながら、ケイやビュフォードの3点シュートなどで優位に進めた。5点先行して迎えた第4クオーターは序盤に追い付かれ、粘りを見せたが、70ー70の残り11秒から終了間際にシュートを決められて敗れた。2連敗で決勝進出を逃し、今季の戦いが終わった。