外務省で長年、核軍縮に従事した西田充(にしだ・みちる)さん(50)が被爆地、長崎市の長崎大教授に転身した。日本が米国の「核の傘」で守られている現状など、安全保障を重視する考え方は、被爆地では批...