古歌での春の七草中では御形(おぎょう)。黄色の花は、キク科特有の小さい花(筒状花)が集まってできている。白い毛が目立つことから、ホウコグサとも呼ばれ、牧野富太郎博士は「母子草」は誤り、とするが...