「主文。被告人を懲役3年に処する。5年間その刑の執行を猶予、期間中保護観察に付する」。5月16日、秋田地裁101号法廷に裁判官の声が響いた。窃盗で有罪となったのは、かつて「世代ナンバーワン左腕」と呼ばれ、プロ野球巨人にも在籍した小野仁投手(45)。判決言い渡しを、真っすぐ前を見ながら聞いた。五輪銀メダリスト、プロ入りも果たした「地元の英雄」に何があったのか。裁判から見えたその半生とは。(共同通信=上田麻由佳)

 ▽大胆な手口

 一定の年齢以上の野球ファンなら記憶に残っていたであろう名前が、唐突に世の中を騒がせたのは1月15日だった。「量販店でシャンパンを盗んだ疑いで秋田県警が逮捕」。その後の警察の調べで、日本各地を渡り歩き、ウイスキーなどの高級酒を万引して売ることで生計を立てていたと判明する。横浜市の自宅マンションから押収された酒類は、計400本以上に上った。

 2021年11月~22年1月に秋田市や千葉市など5都県のスーパーマーケットなどから酒計31本(販売価格計約21万円)を盗んだとして起訴。3月9日の初公判では...