防衛省は23日、中国軍の爆撃機3機が沖縄本島と宮古島の間を抜け、東シナ海と太平洋を往復したと発表した。航空自衛隊の戦闘機がスクランブルし、監視に当たった。