その夜、時計の針が午前0時を回った時、18歳、19歳の「少年少女」たちは一斉に「大人」になった。ことし4月1日、成人年齢を18歳に引き下げる改正民法が施行された。1876(明治9)年以来140年以上続いた「成人=20歳以上」の定義が変わり、18歳以上が大人とみなされることになったのだ。

 学ぶ人、働いている人、自分の居場所を探している人―。この日、新成人となったのは推計で約200万人に上る。携帯電話や不動産賃借の契約、クレジットカードの作成、ローンを組むなど親の同意がなくても1人でできることが増える一方、責任も増す。あどけなさの残る彼らが描く「成人」像に迫った。(共同通信=鷺澤伊織、仙石高記)

 ▽夢は救急救命士

 横浜市内の大学に通う岩崎初芽(いわさき・はつめ)さん(19)は、6年前の祖母の死をきっかけに患者や家族と向き合う最前線で働きたいと救急救命士を志した。「最初に現場に到着し、医師や看護師が最適な治療ができるよう状況を判断していく仕事。患者はもちろん、戸惑う家族の気持ちにも寄り添える」。

 コロナ禍の折、...