7月10日投開票の参議院選で、「投票用紙の2枚目は女性候補の名前を書こう」と呼びかけるキャンペーンが、インスタグラムやTikTokなどの交流サイト(SNS)で広がっている。政策起業家で、3人の娘を育てる天野妙(あまの・たえ)さんらのグループが行う「#女性に投票チャレンジ」だ。「#2枚目は女性」のハッシュタグ(検索目印)で日々、情報発信している。

 「2枚目」とは、比例代表の投票用紙のこと。比例代表は、政党名を記入しても個人名を記入してもいい。そして、ある政党が議席を獲得した場合、個人での得票数が多い順に当選する。

 有権者の約8割は政党名で投票しているが、「女性の『推し候補』を明記することで、どの政党でも、女性の当選確率が高まる」(天野さん)。日本は現在、衆議院の9割、参議院の8割が男性議員だ。「有権者の半数を占めるのに、政策決定の場にあまりに女性が少ない。生活実感のある人を一人でも多く国会に送り込みたい」(共同通信=山口恵)

 ▽女性議員が置かれているひどい環境

 発案のきっかけは、...