日本企業が途上国を脱炭素化の技術で支援し、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出を削減したと認定された総量が、累計で約13万トンにとどまることが2日分かった。削減分の一部を日本にも計上でき...