イメージ
イメージ

 3日午後2時50分ごろ、出雲市大社町日御碕沖で岡山県倉敷市の型枠大工の男性(51)が浮いているのを、渡船業者が見つけた。病院に搬送されたが、死亡が確認された。境海上保安部によると落雷に遭ったとみられ、死因は感電死。

 同保安部によると、男性は沖合の岩場で釣りをしていた。昼過ぎから天候が荒れ始めたため、渡船が定時より早い午後2時ごろに迎えに行く途中で浮いているのを見つけたという。

 付近の同日午後3時ごろの天候はくもりで南南東の風3メートルだった。