今村夏子の小説が原作の映画「こちらあみ子」は、ちょっと風変わりな少女が生きる世界を切なくもみずみずしく描いた森井勇佑の監督デビュー作。演技未経験ながら主役に選ばれた大沢一菜の存在感と、それを生かし切った演出に目を見張る。見れば誰もが、あみ子の幸せを祈らずにいられなくなるはずだ。

 小学5年生のあみ子は、じっと座っていることや人の気持ちを察するのが苦手。怒られることも多いけれど元気いっぱいで、優しい父(井浦新)と妊娠中の母(尾野真千子)、兄と暮らしていた。しかし、その純粋過ぎる行動が周囲の人たちをいや応なく変えていく…。

 何をやっても「普通」からはみ出してしまうあみ子にとって、...