高校生と議論する「ポリレンジャー」の秋本大空さん(左から3人目)=松江市西津田9丁目、開星高校
高校生と議論する「ポリレンジャー」の秋本大空さん(左から3人目)=松江市西津田9丁目、開星高校

 10日の参院選の投票日に向けて、若者の政治への関心を高め投票所に足を運んでもらおうと、島根大の学生団体「ポリレンジャー」が活動している。松江市内の高校に出向いて政治をテーマにした授業を開いたほか、鳥取・島根合区選挙区の候補者に若者向けに最も力を入れる政策を問う独自アンケートを実施。投票の参考となる材料を提供して、低迷する若者の投票率のアップを目指す。

 同大法文学部の学生を中心に10人で活動。6月末にメンバー6人が開星高校(松江市西津田9丁目)を訪れ、3年生22人に出前授業を開いた。

 メンバーは生徒と少人数のグループに分かれ「外交・安保」「経済・家計」「議員」をテーマに議論。生徒からは「戦争になった時に兵隊として参加するのは怖い」や「若い人が立候補したら投票する人が増えるのではないか」などの意見が出た。松江市選挙管理委員会に借りた投票箱で模擬投票も実施し、3年の三原陸蒼さん(18)は「政治を考えるきっかけになった。ニュースや演説を見て、投票に行こうと思う」と話した。

 合区選挙区に出馬した候補5人には「物価高で学生の生活が苦しい。どう対応するのか」「若者の投票率が低い現状をどう見ているか」など12項目のアンケートを実施。回答を開設した参院選サイトで公開した。

 ポリレンジャー代表の秋本大空さん(19)=2年=は「投票率の低さから、若者が社会に関心がないと思われることに危機感がある。選挙は身近なことだと伝えたい」と訴える。

 2019年の前回参院選の鳥取・島根合区選挙区のうち、島根側の年代別投票率は「18、19歳」が25・91%と最も低く「20~24歳」が31・20%で2番目に低かった。
      (片山皓平)