大腸に慢性の炎症が起きる難病「潰瘍性大腸炎」の患者に対し、患者自身の正常な大腸の粘膜を培養して作った細胞の塊を移植する臨床研究を1例実施したと、東京医科歯科大のチームが7日、発表した。こうした...