2人が死亡、9人が負傷した東京・池袋の暴走事故で、自動車運転処罰法違反罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(89)は27日、東京地裁で開かれた初の被告人質問で「アクセルを踏んでいないのに加速した」と述べた。