和歌山県警は28日、解剖の結果、野崎幸助さんの体内から致死量を超える覚醒剤が検出されたと明らかにした。少なくとも致死量の0・5~1グラムは超えているという。