認知症があるとして兵庫県の90代男性に成年後見の適用を決めた神戸家裁伊丹支部の審判について、認知症との鑑定結果に疑義があるとして、大阪高裁が審判を取り消し、審理を差し戻す決定をしていたことが1...