昨年の通常国会に提出され、継続審議となっていた地方公務員法改正案が13日、衆院総務委員会で審議入りした。地方公務員の定年延長に伴い、60歳を迎えた管理職を降格させる「役職定年制」を導入すること...