気象庁は最大震度5強を観測した地震の規模をマグニチュード7・2から6・9、震源の深さを約60キロから59キロにそれぞれ修正した。 

 気象庁は最大震度5強を観測した地震の規模をマグニチュード7・2から6・9、震源の深さを約60キロから59キロにそれぞれ修正した。