尾原ダムをデザインした大小のカレー皿
尾原ダムをデザインした大小のカレー皿

 斐伊川上流域にある尾原ダム(雲南市、島根県奥出雲町)を模したカレー皿が誕生した。ダム周辺の活性化に取り組むNPO法人が企画し、販売している。ご飯とカレールウをダムのように区切るユニークな形が話題になっている。
                                    (狩野樹理)
 尾原ダムはダム最上部に非常用水門「クレストゲート」(幅11・5メートル、高さ14メートル)が2門あるのが特徴。大規模な洪水が生じた際にゲートを開け、水を流す。
 地元のNPO法人さくらおろち(雲南市木次町平田)事務局長の田川容理さん(39)が、通年販売できるグッズを検討してきた。ダムをかたどった皿が市販されているのを見つけ、尾原ダム版ができないかと知人の陶芸作家に相談。ご飯とカレールウをダムのような仕切りで分けられるようにし、2門あるゲートからルウが流れ込む形の試作品ができあがった。
 昨年9月からJR出雲三成駅(奥出雲町三成)構内の奥出雲町観光案内所で販売開始。買ってもらえるか半信半疑だったが、来訪者が面白がって購入していき、試作品4枚が完売した。今年3月から、大(最長20センチ)と小(同8センチ)の2種類、計11枚を再入荷すると、これまでに4枚が売れた。
 思わぬ反響に驚いたという田川さんは「ダムに興味を持ってもらいたい。見学の際の土産物にしてほしい」と話している。
 大が1200円、小は千円。