プロ野球広島は18日、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性判定を受けた菊池涼介内野手(31)、小園海斗内野手(20)、正随優弥外野手(25)を含む8選手を「感染拡大防止特例2021」の対象選手として出場選手登録から外した。