1954年の米国による太平洋・ビキニ環礁での水爆実験で被ばくしたマグロ漁船「第五福竜丸」の元乗組員で、核廃絶を訴える証言活動を続けた大石又七さんが7日に死去していたことが21日、分かった。87歳。静岡県吉田町出身。 

 1954年の米国による太平洋・ビキニ環礁での水爆実験で被ばくしたマグロ漁船「第五福竜丸」の元乗組員で、核廃絶を訴える証言活動を続けた大石又七さんが7日に死去していたことが21日、分かった。87歳。静岡県吉田町出身。