18日午後5時5分ごろ、島根県大田市仁摩町馬路のJR山陰線馬路-湯里駅間で、浜田発出雲市行きワンマンカー(1両編成)が倒木と接触し、行き過ぎて緊急停車した。撤去作業のため、JR西日本米子支社は大田市-江津駅間の運転を見合わせ、2時間10分後に再開したが、普通2本が運休し約400人に影響した。乗客約30人にけがはなかった。

 同支社によると、長さ15メートル、直径約15センチの雑木1本が線路脇の斜面から倒れかかっていた。