東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は、海外からの一般観客受け入れ断念でチケット収入が減少することに伴い、不足する財源の穴埋めについて、国や東京都と協議する必要があるとの考えを示した。 

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は、海外からの一般観客受け入れ断念でチケット収入が減少することに伴い、不足する財源の穴埋めについて、国や東京都と協議する必要があるとの考えを示した。