千葉県松戸市で2017年、ベトナム国籍の女児=当時(9)=を殺害した罪に問われた小学校の元保護者会長渋谷恭正被告(49)の控訴審判決で、東京高裁は23日、無期懲役とした一審判決を支持し、検察側、弁護側双方の控訴を棄却した。 

 千葉県松戸市で2017年、ベトナム国籍の女児=当時(9)=を殺害した罪に問われた小学校の元保護者会長渋谷恭正被告(49)の控訴審判決で、東京高裁は23日、無期懲役とした一審判決を支持し、検察側、弁護側双方の控訴を棄却した。