損害保険大手各社が、一般住宅向け火災保険の最長契約期間を現行の10年から5年に短縮する見通しとなったことが23日、分かった。年内に正式決定し、2022年度後半から適用するとみられる。保険料の再値上げも合わせて行う方向。 

 損害保険大手各社が、一般住宅向け火災保険の最長契約期間を現行の10年から5年に短縮する見通しとなったことが23日、分かった。年内に正式決定し、2022年度後半から適用するとみられる。保険料の再値上げも合わせて行う方向。