LINE(ライン)の利用者の個人情報が委託先の中国企業から閲覧可能となっていた問題で、出沢剛社長は23日、親会社の第三者委員会に出席し、中国から日本国内のサーバーにある個人情報へのアクセスを完全に遮断したと明らかにした。 

 LINE(ライン)の利用者の個人情報が委託先の中国企業から閲覧可能となっていた問題で、出沢剛社長は23日、親会社の第三者委員会に出席し、中国から日本国内のサーバーにある個人情報へのアクセスを完全に遮断したと明らかにした。