柔道男子71キロ級の1992年バルセロナ五輪金メダリスト、古賀稔彦さんが死去したことが24日、関係者の話で分かった。53歳。豪快な柔道で「平成の三四郎」と称された。