【パリ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、6月の来日を見送ると明らかにし、東京五輪に向けて「7月中旬に訪れる方がいいとの結論に至った」と述べた。