2012年の法改正による年金減額は生存権や財産権を侵害し違憲だとして、島根県内の受給者21人が国を相手取り減額分の支払いを求めた訴訟で、松江地裁は14日、訴えを棄却した。  判決理由で三島恭...