米軍嘉手納基地の騒音被害を巡る訴訟で、最高裁は24日までに、米軍機の飛行差し止めと将来分の損害賠償を求めた住民の上告を退ける決定をした。過去分の賠償のみを認め、差し止めの訴えを退けた二審福岡高裁那覇支部判決が確定した。