【ストックホルム共同】フィギュアスケートの世界選手権は24日、ストックホルムで行われ、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(トヨタ自動車)が79・08点で2位につけた。ロシアのアンナ・シェルバコワが81・00点で首位に立ち、坂本花織(シスメックス)が6位、宮原知子(関大)が16位となった。