日本政府は25日、北朝鮮が発射した弾道ミサイルの可能性があるものについて日本領域には飛来せず、日本の排他的経済水域(EEZ)内にも落下しないものと推定されると発表した。