防衛省関係者によると、北朝鮮が弾道ミサイルの可能性があるものを発射したのは25日午前7時すぎで、北朝鮮の東岸側から発射された。既に落下しており、日本領域や排他的経済水域(EEZ)には到達しなかった。