2018年の西日本豪雨で岡山県倉敷市真備町地区の河川が氾濫し、甚大な浸水被害が出たのは、河川などの管理が不十分だった「人災」だとして、地区住民ら215人が25日、国や県、市に計約6億4千万円の...