イメージ
イメージ

 自宅に来た女性を押し倒し胸を触ったなどとして、強制わいせつ罪に問われた浜田市の会社従業員の被告(44)の公判が25日、松江地裁浜田支部(中町翔裁判官)であった。検察側は、デリバリーヘルス(無店舗型風俗店)に女性の派遣を依頼しながら代金がなく、欲求を満たすため女性を襲ったと指摘した。

 起訴状によると、2月6日夜、自宅を訪ねてきた島根県西部在住の女性=当時(41)=を押し倒して首を絞め、口をふさぐなどの暴行を加え、服の上から胸を触ったとしている。