濁流となる意宇川。対岸は堤防を越えているように見える
濁流となる意宇川。対岸は堤防を越えているように見える

 山陰両県の7月7日未明からの大雨に関する情報を随時更新していきます。

避難所の開設情報(しまね防災情報)
島根県 道路規制情報
・11日付の交通などに関する記事

 

被災者支援情報
・運輸局
自動車抹消登録時に被災・罹災証明書不要
 国土交通省中国運輸局は9日、今回の大雨で被災した車両を廃車する場合の手続きで、罹災(りさい)、被災証明書がなくても受理すると発表した。
 自動車の永久抹消登録の運用を緩和し、特例措置として申請者の申立書を、罹災証明書または被災証明書の代替で認める。災害救助法適用の松江、出雲、鳥取の3市外で登録している車両については、当該地域に所在していたことが分かる説明を求める。
 申請に必要な自動車登録番号や車台番号が分からない場合は、納税証明書などで自動車を特定できれば申請書を受理するとした。
・生命保険協会
 生命保険協会は、梅雨前線による大雨の影響で災害救助法が適用された地域の被災契約者に対し、特別取り扱いの措置を取っている。山陰両県では松江、出雲、鳥取の3市が該当する。
 各社は、保険料の支払いを最長6カ月延長▽書類省略などによる保険金、給付金、契約者貸付金の迅速な支払いーを認める。いずれも各社への申し出が必要。
・金融機関
 豪雨で被害を受けた山陰両県内の事業所、個人向けに金融機関などが相談窓口を開設し、資金繰りの問い合わせに応じる。
 山陰合同銀行のほか、鳥取銀行は9日、東京ローンプラザ出張所を除く全営業店に相談窓口を設置した。島根銀行も12日から全店で応じる。
 日本政策金融公庫と商工中金は鳥取、米子、松江、浜田の各支店・営業所にそれぞれ設置した。
 島根県信用保証協会は本店、出雲、浜田、益田支店に設けた窓口のほか、フリーダイヤル0120(40)5471でも受け付ける。
 このほか両県内の商工会議所や中小企業団体中央会なども窓口を設置している。
・鳥取銀行
 鳥取銀行(鳥取市永楽温泉町)は9日、大雨の被害を受けた中小企業など事業者と個人への災害復旧支援資金の取り扱いを始めた。12月30日まで。
 事業者向けは融資金額5千万円以内(運転資金3千万円以内)。返済期間は設備資金10年以内、運転資金5年以内で、金利は個別に決める。
 個人向けは住宅や車庫、住宅設備機器などに被害が出た場合、修繕資金や購入資金を融資する。50万~1500万円で、期間は1~20年。変動金利で通常金利より引き下げる。
・島根銀行
 島根銀行(松江市朝日町)は、豪雨で家屋などに被害を受けた個人向けローンの取り扱いを12日に始める。9月30日まで。
 融資金額1千万円以内、返済15年以内の「災害復旧リフォームローン」と、300万円以内、7年以内の「災害復旧フリーローン」で、ともに年1・5%の固定金利で優遇する。
・山陰合同銀行
  
山陰合同銀行(松江市魚町)が12日、大雨の被害を受けた個人、事業者を対象に特別金利を適用したローンの取り扱いを始めた。9月30日まで。融資条件の変更に伴う手数料も無料とする。
 借入額1千万円以内の「リフォームローン1000」は金利を年1・2%(変動)に下げる。災害復旧で生活資金を含む「自由に使える!ローン」(500万円以内)の金利は年3・5%(固定)などとした。事業者向けの災害対策資金は、5千万円以内(運転資金は3千万円以内)で期間に応じて金利を優遇する。

高速道路
・尾道松江線 三刀屋木次IC三次東 JCT・IC通行止め解除、尾道松江線全線解除(9日1:00)
・尾道松江線 尾道JCT~尾道北IC(上下線)通行止め解除(8日21:00
・尾道松江線 尾道北IC~三次東 JCT・IC通行止め解除(8日13:30)
・米子道 蒜山IC-米子IC間の上下線通行止め解除(8日9:30)
・山陰道松江道路 東出雲ICー松江東IC間の通行止めは当面行わず(8日9:00) 
・尾道松江線 尾道JCT-三刀屋木次ICの上下線を通行止め(8日7:45)
・米子道 蒜山IC-米子IC間の上下線通行止め(8日6:52)
山陰道 青谷ICーはわいIC間、大栄東伯ICー淀江IC間の全面通行止めを解除(8日6:00)
・鳥取道 鳥取西道路の鳥取ICー青谷IC、鳥取南ICー鳥取ICの全面通行止めを解除(8日6:00)

島根県
・人的被害 なし(11日15:00現在)
・孤立地区 なし(11日15:00現在)
・避難状況 0人(11日15:00現在)
・住宅被害 一部損壊(出雲8件)、床上浸水(松江6件、出雲15件)、床下浸水(松江75件、出雲47件、益田1件、安来4件、雲南1件)(※11日15:00現在)
島根県災害対策本部を廃止、県災害警戒本部体制に移行(10日13:00)
・松江市、出雲市に災害救助法の適用を決定(8日15:00)
・開星中高の正面玄関の天井が崩落(8日15:00報告)
・立正大淞南高のグランドへの通路の一部が崩落し法面崩れる((8日15:00報告)
・県立校 34校5分教室(高校28、特別支援学校6、分教室5)が臨時休校(8日8:00)
・出雲市立鰐淵小学校で床上浸水やグランド冠水(8日8:00)

・県管理道路の全面通行止め(9日15:00)
 ※最新は、島根県 道路規制情報
   枕木山線(松江市枕木町)雨量=解除(※11日15:00)
   七類雲津長浜線(松江市美保関町雲津)法面崩落=解除(※11日14:10)
 鰐淵寺線(出雲市国富町~口宇賀町)路面冠水=解除
   大社日御碕線(出雲市大社町日御碕)落石=解除
   三次江津線(江津市桜江町後山)倒木=解除
   国道184号(飯南町八神~下来島)事前通行規制(雨量)=解除
 美都澄川線(益田市匹見町澄川)土砂崩れ=片側交互通行
 松江木次線(松江市乃白町)土砂崩れ=解除未定
 大社立久恵線(出雲市芦渡町~乙立町)事前通行規制(雨量)=解除未定
 斐川一畑大社線(出雲市小津町)落石=解除未定
 斐川一畑大社線(出雲市大社町日御碕~鷺浦)土砂崩れ=片側交互通行
 斐川一畑大社線(出雲市河下町~猪目町)土砂崩れ=解除未定
 斐川一畑大社線(出雲市塩津町)路面冠水=片側交互通行
 斐川一畑大社線(出雲市猪目町~大社町鵜峠)落石=片側交互通行
 大田佐田線(出雲市佐田町下橋波)土砂崩れ=解除未定
 三次江津線(江津市桜江町川戸)倒木=解除未定
    鹿野吉賀線(吉賀町蓼野)事前通行規制(雨量)=解除未定
 
・島根県災害対策本部を設置(7日8:30) 

JR(11日14:30発表)
12日以降の運行予定
【山陰線】 
・鳥取ー倉吉 始発から運転
・倉吉ー浦安(鳥取県琴浦町) 始発から運転
・浦安ー米子 始発から運転
・米子ー出雲市 始発から運転
【木次線】
・宍道ー木次 始発から運転
・木次ー備後落合 始発から運転

11日以降の運行予定
【特急列車など】
・やくも 始発から運転
・サンライズ出雲  運転(始発駅基準)
・スーパーはくと 始発から運転
・スーパーいなば 始発から運転
・スーパーおき 鳥取ー米子間で運転
・スーパーまつかぜ 鳥取ー米子間で運転
・はまかぜ 始発から運転
・観光列車「あめつち」 10~11日は運転取りやめ

※JR西日本の最新の運行情報は こちらから

一畑電車
・10日始発から、雲州平田~松江しんじ湖温泉間の電車運行を再開 詳細はこちら
9日に運行再開 ①電鉄出雲市~川跡間、②雲州平田〜松江しんじ湖温泉間、③川跡~出雲大社前間、の3区間を始発から折り返し運転で再開。復旧作業中の川跡~雲州平田間をバスによる代行輸送を実施する。
・(7日11:25発表 一畑電車HPより)7、8日は終日運休とし、運転再開は9日または10日を目処に復旧作業を進める。
沿線の被害状況(一畑電車HP)

県東部
島根県東部、鳥取県中・西部で線状降水帯を確認(7日8:35公開)
JR、一畑電車で運転見合わせ(7日7:35公開)

松江市
・美保関地区、島根地区に避難指示(警戒レベル4)発令(12日8:00)
・八雲町サニーハイツに出していた避難指示は、災害回避の工事が終了したため、10日19:00に解除し、避難所も閉鎖(松江市防災情報)
・八雲町日吉台サニーハイツで、災害回避のための仮設工事を10日午前8時から実施(10日13:20発表)
 ①山側から土砂が流出した場合に、一時的にたまるように穴を掘る
 ②さらに土砂が流出しないように大型土のうを設置し、土留めをする
 10日中に土砂流出対策を完成させ、11日の午前中で後片付けを行い、現地作業を完了させる予定
・八雲町の団地サニーハイツの裏山で土砂崩れが起きる恐れがあるとして、57世帯171人に避難を呼び掛けた(9日19:00)
・松江市が水害ごみを無料回収(9日付 山陰中央新報)
大雨被害を受け、松江市が10日、被災世帯の水没した家財や、住居の敷地に流入した草木などの無料回収を始める。
 市民が対象。市リサイクル都市推進課が土日祝日を含め午前8時半~午後5時15分に電話で受け付け、自宅周辺まで回収に向かう。
罹災(りさい)証明書か被災届出証明書の提示が必要で、後日でも可能。ごみの相談や証明書の申請方法などの紹介も受けるという。
 問い合わせは市リサイクル都市推進課、電話0852(55)5279。
 また、ごみ処理施設のエコクリーン松江(松江市鹿島町上講武)は、窓口で大雨に伴うごみと伝えて証明書を提示すれば、平日午前9時~午後4時に無料で自己搬入を受け付ける。

・避難指示(レベル4)解除(9日11:55)
・八雲町日吉地区の警戒レベル5「緊急安全確保」は警戒レベル4「避難指示」に移行、全市がレベル4(7日20:01)
 意宇川及び神納橋の観測点が水防団待機水位を下回ったため
・くにびきメッセで7日午前にワクチン接種をできなかった215人は、11日を中心に振り替え対応(7日18:00)
・松江市立病院で排水管の不具合で水があふれるトラブルがあったことが市対策会議で報告された(7日18:00)
・Aコープ玉湯店付近で、JR山陰線のアンダーパスが浸水。通行止めになっている(7日10:30現在)
・古江で民家の裏山が崩落、けが人の情報はなし(7日9:55)
意宇川、氾濫注意水位を下回る(7日9:16)
・意宇川、避難判断水位を下回る、警戒レベル2に引き下げ(7日8:39発表)
意宇川で氾濫危険水位を下回る(7日8:15公開)
・松江総合体育館に19世帯49人避難(7日8:00時点)
15万人超に避難指示(7:40公開)

出雲市
・出雲市が豪雨被災者に市営住宅を無償貸与(10日付 山陰中央新報)
 山陰での豪雨被災者を支援するため、出雲市が9日、市営住宅の無償貸し出しの受け付けを始めた。罹災(りさい)証明書の交付を受けた被災者が対象。
 市全域の15戸程度を準備し、間取りは2DKや3DKが中心。家賃、駐車場代を全額免除するほか、敷金、退去時の修繕費も不要。最長1年間住むことができる。
 問い合わせは市建築住宅課、電話0853(21)6150。受付時間は平日の午前8時半~午後5時15分だが、10、11両日は対応する。

・午後5時、市が開設していた指定避難所がすべて閉鎖(9日)
・災害ごみの受け入れ時間拡大。10日(土)、11日(日)の両日、午前8:30~午後4:30。出雲クリーンプラザ(対象地域:出雲、多伎、湖陵、大社)、平田不燃物処理センター(対象地域:平田)、斐川クリーンステーション(対象地域:斐川)。手数料は無料(災害ごみ以外は有料)。減免対象:7月7日未明からの大雨で被災した出雲市民(9日発表)
・避難指示(レベル4)解除(9日13:06)
・孤立状態になっている猪目地区の道路の復旧作業に、県知事からの要請で、自衛隊が部隊を派遣(8日10:40)
・人的被害なし、住宅被害55件(床上浸水13件、床下浸水36件、一部破損4件、その他2件)(※8日7:00発表)
・道路被害129件(道路損壊12件、法面崩壊43件、倒木5件、道路冠水60件、土砂堆積4件、その他5件)(※8日7:00発表)
・河川・橋梁被害 24件(河川7件、橋梁4件、その他13件)(※8日7:00発表)
・がけ崩れ45件、農地・農業用施設被害28件、上下水道22件、その他32件(※8日7:00発表)
・交通 うさぎ線全便、佐田生活福祉バス、平田生活バス全便運休(8日7:00現在)
・16避難所に86世帯199人が避難(※8日07:00発表)※避難所情報はこちら
・8日の市立の全小中学校、全中学校、全幼稚園が臨時休校、休園に(7日15:20)
・斐川一畑大社線、鷺浦に向けての道路のふたまたトンネル付近で土砂崩れ。日御碕、鵜峠、猪目、鷺浦、釜浦、塩津地区が孤立状態。人的被害はなし(7日11:50)
・鳶巣地区、高浜地区などに避難指示(42463世帯、1万10352人)(7日8:18発表) ※詳細
国道431号線(出雲市日下町~西林木町)の通行止め(7日8:04公開)

安来市
・避難指示(レベル4)解除(8日6:01)
・市全域に避難指示(対象世帯:14,351世帯、対象人数:38,962人)

雲南市
・一部地域に出ていた避難指示解除(9日4:01) 大雨警報(土砂災害)が解除されたため
・8日の休校 小学校:大東、西、佐世、阿用、海潮、加茂 中学校:大東、海潮、加茂(7日18:00)
 ※今後の警戒レベル引き上げなどによって変わる可能性あり 
・赤川、氾濫注意水位を下回る(7日8:50)
・一部に避難指示(対象世帯数3814世帯、対象人数10792人)※詳細

奥出雲町
・全域に出ていた「高齢者等避難」(レベル3)解除(9日4:01)
・8日の休校予定はなし
 ※今後の警戒レベル引き上げなどによって変わる可能性あり
・全域に高齢者等避難(対象世帯数 4753世帯、対象人数 1万2574人)(7日6:56発表)※詳細
・土砂災害の危険がある区域にお住まいの高齢者や障害のある人など避難に時間のかかる方やその支援者の方は、避難場所や安全な親戚・知人宅等に速やかに避難してください。それ以外の方も、不要不急の外出を控え、避難の準備を整えるとともに、必要に応じ、自主的に避難してください(奥出雲町)

知夫村
・避難情報 解除(7日9:05)