東京五輪に向けた男子短距離代表の合宿で走る池田弘佑(右から2人目)=山梨県富士吉田市
東京五輪に向けた男子短距離代表の合宿で走る池田弘佑(右から2人目)=山梨県富士吉田市

            
              
                
                   東京五輪に向けた陸上男子短距離代表の合宿で、記念撮影の際に談笑する(左から)多田修平、山県亮太、桐生祥秀=山梨県富士吉田市(代表撮影)
                
              
            
   東京五輪に向けた陸上男子短距離代表の合宿で、記念撮影の際に談笑する(左から)多田修平、山県亮太、桐生祥秀=山梨県富士吉田市(代表撮影) 
東京五輪に向けた男子短距離代表の合宿で走る池田弘佑(右から2人目)=山梨県富士吉田市 
            
              
                
                   東京五輪に向けた陸上男子短距離代表の合宿で、記念撮影の際に談笑する(左から)多田修平、山県亮太、桐生祥秀=山梨県富士吉田市(代表撮影)
                
              
            

 陸上男子短距離の東京五輪代表が9日、山梨県富士吉田市での合宿を報道陣に公開した。金メダルを狙う400メートルリレーのバトンパスは行わず、個別に練習。100メートルで9秒95の日本記録を持つ山県亮太(セイコー)は「今回の合宿をきっかけに調子を上げ、五輪ではしっかりいい走りをしたい」と抱負を述べた。

 五輪初出場となる多田修平(住友電工)は優勝した日本選手権の疲労が残っているそうで「しっかり体を動かしながら取っていければ」と話した。リレー代表の桐生祥秀(日本生命)は芝生を軽めに走って調整。痛めていた右アキレス腱の状態については「何も違和感がなかった」と強調し「この1カ月で仕上げる自信はある」と語った。

 ウォルシュ・ジュリアン(富士通)ら1600メートルリレー代表も参加。サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は海外で調整している。

 16日までの合宿で本番を想定したリレーのトライアルも実施する方針。日本陸連の土江寛裕強化コーチは「本番にベストになるように準備していきたい」と話した。