日本相撲協会が12日に開いた理事会で、2020年度の収支決算は約50億円の赤字と報告されたことが判明した。新型コロナウイルス禍の観客数制限による、チケット売り上げの大幅減収などで大打撃を受けた。 

 日本相撲協会が12日に開いた理事会で、2020年度の収支決算は約50億円の赤字と報告されたことが判明した。新型コロナウイルス禍の観客数制限による、チケット売り上げの大幅減収などで大打撃を受けた。