ソフトボール会場
ソフトボール会場

 ソフトボールは1次リーグの1、2位による決勝進出に向け、過去の全4大会でメダルを獲得したオーストラリア戦で勢いをつけたい。投手陣は上野、藤田の二枚看板で試合をつくり、代表最年少の20歳の後藤に出番を与えるのが理想だ。
 打線は五輪初出場組の出来が鍵。3度目の五輪となる山田の前を打つ市口、ムードメーカーの原田が打てば活気づく。
 サッカー女子は上位での1次リーグ突破へ、カナダ戦は勝ち点獲得が求められる。相手は2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両大会で銅メダルの強豪。得点力の高いFWシンクレアらを、DF熊谷を軸に封じたい。攻撃はボールを保持してリズムをつくり、FW岩渕やMF長谷川らの連係で崩しにいく。逆襲を防ぐために守備への素早い切り替えが重要だ。