島根県警と山口県警は20日、詐欺などの疑いで、ナイジェリア国籍の福岡市中央区、飲食店経営エジケ・チュクエブカ・ヴィンセント容疑者(39)を逮捕した。島根県警によると「わからない」と容疑を否認している。

 島根県警組織犯罪対策課などによると、逮捕容疑は何者かと共謀して、アメリカ軍人を名乗り、SNS(会員制交流サイト)で親しくなった安来市の60代男性に対し「紛争地域で米ドル札を見つけた。100万ドル預かってくれれば一部あげます」とうそを言った。その際に納税が必要だとして、2018年4月から19年5月までの間、5回にわたり、指定した他人名義の口座に現金計238万円を振り込ませた疑い。

 山口県警によると、ヴィンセント容疑者は、すでに同様の詐欺事件で6月30日に逮捕されている。