山陰中央新報社は「第4回さんいんユーモア連歌大賞」(後援・島根大「やみつくば会」)の作品を募集中です。課題2題を出し、1課題につき大賞1句、優秀賞5句を選びます。大賞には5千円分、優秀賞には千円分の図書カードを贈ります。審査は本紙文化面に連載している「レッツ連歌」の選者下房桃菴さんが、自らが代表を務める島根大「やみつくば会」の会員とともに担当します。

 【課題】

(1)「あっさりと謝れば済む人違い」に、七七の付句

(2)「歯の浮くようなお世辞並べて」に、五七五の付句

 【応募方法】はがきか、山陰中央新報ホームページの「お知らせ」から登録。はがきは裏面に「さんいんユーモア連歌大賞」と明記し(1)か(2)の前句と付句を書く。末尾に郵便番号、住所、氏名、電話番号、高校生以下の場合は学校名、学年を明記。学校単位での応募も受け付ける。点数は、はがき1枚に3句まで。(1)(2)両方に応募する場合、それぞれ別のはがきを使用。ホームページ登録も1回につき3句まで。

 【宛先】〒690―8668 松江市殿町383、山陰中央新報社編集局「さんいんユーモア連歌大賞」係。

 【締め切り】9月30日(当日消印有効)

 【入選発表】12月中旬本紙