東京五輪第3日の25日、競泳女子400メートル個人メドレー決勝で日本女子のエース、大橋悠依(25)が優勝し、今大会の競泳陣で初、日本選手団では2個目の金メダルを獲得した。