タレを付けたウナギを焼く従業員=松江市学園2丁目、うなぎ圓松江学園通り店
タレを付けたウナギを焼く従業員=松江市学園2丁目、うなぎ圓松江学園通り店

 28日は土用の丑(うし)の日。定番のウナギ料理を扱う松江市内の飲食店は27日から、予約や注文に追われ、従業員が早朝から調理にいそしんだ。
 うなぎ圓(えん)松江学園通り店(松江市学園2丁目)は、山陰地方では珍しく、蒸し上げてから焼く「関東風」のウナギ料理を提供する。蒸すことで油が落ち、骨まで柔らかくなるほか、関西風に比べさっぱりとしたタレの味わいが特徴という。
 2日間で予定する約400食の調理は、従業員が総出で当たった。鹿児島から仕入れ、蒸した身にタレを二度付けして炭火で焼くと、香ばしい香りが広がった。
 凸版印刷や子会社の調査によると、今年の土用の丑の日にウナギを食べると回答した人の割合は47都道府県で、島根県が最も高かったという。
 店長の芝田季穂さん(25)は「慣れた関西風と違いを感じながら食べて夏を乗り切ってほしい」と話した。
(広木優弥)